実践空手 白蓮会館 内藤道場 佐賀唐津支部

空手で目指すもの

  • HOME »
  • 空手で目指すもの

Introduction
白蓮カラテはただ強い人間や技の上手なだけの人間をつくるために創始されたのではない。
本来の目的は空手の修行を通じて健全な肉体と、不屈の精神と、人格向上させることにより、
積極的に行動していける勇気と情熱と見識と正義感にあふれた真のリーダーをつくることにある。
肉体と精神面の修行によって、本当に自分が頼りとすることのできる自己を確立し、
同士互いに連携を深め、信頼の輪を広げていくのが本来の目的であり、
武の意義と本質をよく理解し、実践して自己の身を守り、他人を助けるための技術であり、
すばらしい人材を育成する「活人拳」なのである。

 

13
Emotional strength

精神力こそ生きていく上でのすべてのパワーです、子供たちがいつの日か強くたくましい社会人として旅立ち活躍するために空手練習で精神力を養っていきます。我慢する心、人に対する優しさ、しかし、ある時は守るために強く、自己、周りの人のために役立てるための、精神力をじっくり、知らず知らずのうちにおとなのこころになります、

14
Power

日々の鍛錬で力はついていきます、いじめない、いじめられないなど自分の力を認識し体力的な力でなく、一つ一つの壁を乗り越える力、勉学でも同様に、人に勝ち、人の上に立つ力を養います

15
Discipline

道場では厳しさの中に、ほっとする笑いや冗談も有り、一見個人のスポーツのように思われる空手ですが、同じ道場生を励まし、喜びを分かち合う協調性の訓練の場でもあります。子供達の笑顔こそ指導員並びに関係者の喜びです。お子様をおあづかりさせてただいている身であり日々の訓練を通して立派な大人へとお手伝いさせて頂きます

お気軽にお問い合わせください TEL 090-1921-7839

  • facebook
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.